猫と犬の性格 〜人間に対する考え方の違い〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1210

写真は旅行の支度をしようとしたらキャリーケースに入って邪魔をする、実家の猫です。

2大人気ペットである猫と犬はしばしば比較されることがあります。特に猫と犬の性格の違いについて議論されることが多いでしょう。

猫はマイペースで自由な性格に対して犬は忠実、真面目と評されています。特に人間に対する態度が正反対で、「猫は人間を家来か、手下だと思ってるのでは?」と感じることも多いです。

イギリスの動物行動学の専門家ジョン、ブラッドショー先生は猫と犬の人間に対するある行動の違いに気づきました。

それは「猫は犬とは違い、人間を人間としてとらえていない」ということです。

犬は人間を異なる存在として認識していることがわかりました。例えば人間と遊ぶときと、犬同士で遊ぶときは遊び方が全く違います。飼い主がリーダーであることを理解し、リーダーの指示を守るために努力します。

一方、猫は人間を異なる種だと認識していることを示唆する行動がありません。猫同士で遊ぶときも、人間と遊ぶときも同じ遊びを好み、部屋に人間がいようがいまいが同じ振る舞いをします。

シッポをたてて怒る、脚にまとわりつく、隣に座る、体を舐めてあげるなど、猫同士で行っていることと全く同じです。

つまり、猫は人間のことを特別視せず、対等な立場でコミュニケーションしているということです。汚れがついていれば舐めてあげるし、好きなら近くに座るというように。

猫は人間を馬鹿にしている?

猫が呼んでもこなかったり、読んでいる新聞の上に乗ってくると、一部の飼い主さんは猫に馬鹿にされていると感じるようです。

しかしブラッドショー先生の考えは違います。猫は自分より劣った猫にすり寄りません。もし猫が私たちのことを馬鹿にしていたら、近くに寄ってもこないでしょう。

ただ運動神経が良い猫にとって人間はどんくさくうつるようです。そのため狩りのお手本をみせたり、実際にハントした小鳥や虫の死骸を飼い主の前にもってくることもあります。

 

私はブラッドショー先生の考えを初めて知ったとき、すごく納得しました。私が猫の性格を好きな理由も、猫と対等な関係が築けるからだと思います。

人は社会にでると、常に上下関係が求められます。2人以上で話していてもどちらかが敬語を使うことが非常に多いです。対等な関係で接することができるのは気心の知れた恋人か、学生時代からの友人ぐらいではないでしょうか。

そんな中、お互いタメ語で話せる猫の存在がなによりのリラックスになっている気がします。どちらが上ということもなく、猫は対等な関係を望んでいるのでしょう。

 

猫と犬の性格 〜人間に対する考え方の違い〜” へのコメントが 2 点あります

  1. ピンバック: 猫カフェはよく見かけるのに…犬カフェが少ない理由 - 犬!発信局

  2. そうそう、猫は勝手なの。そこが好きなんだけど。
    機嫌がいいと、やたらとかまってくるのに、機嫌悪いとずっと窓のそばにいたりする。
    人間っぽいんだよね。

    猫は結局、相手を好きか嫌いかで判断してくる。だから猫がやたらと擦り寄ってくるとなんかうれしい。

コメントを残す